39~40℃の高熱が4~5日続き、のどの痛みが強く、目も赤くなります。さらに頭痛、吐き気、腹痛、下痢を伴う事もあります。アデノウイルスが原因です。夏にプールを介して学童のあいだに流行するので「プール熱」の名がありますが、プールに入らなくてもうつります。夏以外にも見られます。

<治療>

熱やのどの痛みを抑える薬(解熱鎮痛剤)を処方します。

<家庭で気をつけること>

●高い熱:何日も高熱が続くので不安になるかもしれませんが、頭への影響はありません。首やわきの下を氷枕で冷やしてあげたり、つらい時は解熱剤を使ってのりきりましょう。

●食べ物:のどが痛くて熱も高いので、食欲が低下します。プリンやゼリー、アイスクリーム、冷めたおじや、とうふ、冷めたグラタンなど、のどを通りやすいものを選びましょう。

●水分:水分は十分に飲ませてください。麦茶やイオン飲料(オーエスワン)、牛乳、みそ汁、冷めたスープなどがよいでしょう。

●入浴:基本的に入って構いませんが、熱いお湯につかると体力を消耗するので、体をきれいにすることを目標にしましょう。シャワーでも良いです。

●タオル:共用は避けましょう。

<こんな時はもう一度診察を>

●のどの痛みが強くて水分をあまり飲まないとき

●高い熱が3日以上続くとき

●元気がなくてぐったりしているとき

<保育所・学校>

熱が下がってのどの痛みがなくなってから2日は休ませましょう。


電話受付時間 :9:00-12:00(月~土)・14:30~18:00(月・水~金)