生後4~5ケ月から1~2歳ぐらいまでの赤ちゃんが、突然高い熱を出し、熱は3~4日続きます。生まれて初めての熱であることが多く、咳や鼻水は出ませんが、便がゆるくなることがあります。

熱が下がると体中に発疹が出ます。はしやか風疹とは全く別の病気で他の子どもにはうつりません。発疹は2~3日で消えます。

<治療>

熱が高くて機嫌が悪ければ解熱剤を処方します。

<家庭で気をつけること>

●高い熱:とても高い熱が続きますが、脳に影響はないため、慌てなくて大丈夫です。熱が続く間は赤ちゃんが過ごしやすいようにしてください。

●着せすぎ、掛けすぎに注意し、嫌がらなければ氷枕で冷やすものもよいでしょう。

●ミルク:飲みが少なければ、少しずつ何度も与えましょう。イオン飲料や果汁の方を好むなら、それもいいですね。熱があるので、水分を十分に与えましょう。

●離乳食:食べるならいつもどおりに。

●入浴:基本的に入って構いませんが、熱いお湯につかると体力を消耗するので、体をきれいにすることを目標にしましょう。シャワーでも良いです。

<こんなときはもう一度診察を>

●けいれんが長く続くときや、呼びかけなどへの反応が悪いとき

●水分をあまりとらず、元気がないとき

発疹が出るまでは主治医も「突発性発疹らしい」としか言えません。高熱が続いて心配なときはまた受診してください。

<保育所・学校>

出席停止の基準はありませんので、熱がなく元気があれば行ってもかまいません。
熱があるときは主治医の指示にしたがいましょう。


電話受付時間 :9:00-12:00(月~土)・14:30~18:00(月・水~金)