下痢で失われた水分と塩分を十分補うことが大切です。スポーツ飲料やコーラよりも、オーエスワン、アクアライトORSなどを選ぶのがおすすめです。

<母乳>

吐き気がおさまって飲めるようになれば、そのまま続けましょう。

<ミルク>

ミルクを薄める必要はありません。飲めるようならしっかり飲ませて下さい。

<離乳食>

吐き気がおさまって食べられるようになれば、これまで通りの離乳食を続けて、下痢で失われた栄養を補います。うどん、豆腐、白身魚、鶏のささみなどが良いでしょう。炭酸飲料、ジュース、ゼラチンでできたデザートなど、糖分を多く含む飲み物や食品は下痢を悪化させることがあるので控え目にします。

<幼児食>

吐き気がおさまって食べられるようになれば、栄養とカロリーを補うために食事を始めましょう。炭水化物(ご飯、うどん、パン、じゃがいも)、豆腐、白身魚、鶏肉など脂身の少ない肉、野菜、果物、ヨーグルトなどを選んであげましょう。糖分が多い炭酸飲料やジュースなどは避けましょう。

<下痢のときの飲み物>

水分だけでなく塩分も一緒に補う必要があります。お茶や水は塩分を含まないので、あまりたくさん飲むとぐったりすることがあります。塩分(Na)の濃さがおよそ35(mEq/l)以上の飲み物をおすすめします。

〈いろいろな飲み物の塩分濃度〉※( )内は塩分(Na)の濃さ(mEq/l)

ソリタ-T顆粒2号 (60)

オーエスワン (50)

アクアライトORS (35)

ソリタ-T顆粒3号 (35)

アクアソリタ (35)

アクアライト りんご・白ぶどう (30)

明治赤ちゃんにやさしいイオン飲料 (30)

ピジョンイオン飲料 (30)

森永イオン飲料 もも・りんご (25)

ポカリスエット (21)

アクエリアス (15)

その他のスポーツ飲料やコーラ (9~23)

<下痢のときの食べ物>

うどん、豆腐、白身魚、鶏肉、おかゆ、スープ各種、バナナ、りんご、煮野菜

お気軽にお問い合わせください。0538-23-8300電話受付時間 :9:00-18:00(月・水・木・金) 9:00~12:00(火・土)

診療予約