こんなときは、腎臓や膀胱などの病気ではなく、緊張したお子さんのこころの現れかもしれません。

・今行ったかと思えばまたトイレへかけこむ

・熱もなく、おしっこするときに痛む様子もない

・たくさんおしっこが出ているわけでもない

・おしっこの検査でも異常が見当たらない

<何かきっかけはありませんか?>

・幼稚園でお遊戯会が近づいた

・責任ある仕事を任せられている

・ピアノなどの発表会が近づいた

・お子さんをとりまく環境が変わった

・お子さんを強く叱った

<「また行くの?」は逆効果>

ちょっとしたきっかけからおしっこが近くなり、周囲の人がそのことを気にしすぎて注意してしまうと、ますます緊張が高まり、さらにおしっこが近くなります。

まず、お子さんをとりまく環境をチェックし、何かストレスとなっているものがないか、お子さんの立場になって考えてみましょう。見つかれば、お子さんの力になってあげてください。そのうち自然に治るので、見守っていてあげましょう。


電話受付時間 :9:00-12:00(月~土)・14:30~18:00(月・水~金)