暑い日に閉めきった車の中で寝かされていた赤ちゃんが亡くなったり、炎天下でサッカーをしていた小学生が次々と倒れたりなど、これまで「日射病」「熱射病」よばれていたものをまとめて「熱中症」といいます。かぜを引いて熱が出るのは熱中症ではありません。

<症状と手当て>

●めまいがする、顔色がわるい、頭が痛い、おなかが痛い、吐く、足などのこむらがえり、全身がだるい
→涼しいところへうつして風を送り、イオン飲料をのませる。皮膚に水をかけたり、脇や首を氷などで冷やす。しばらくたっても回復しなければ病院へ

●ふらふらしているぼーっとしている
→危険信号 病院へ連れていく

●倒れて意識がない けいれんを起こした
→命の危険がせまっている。救急車を呼ぶ

<予防がもっとも大切>

・帽子をかぶり、風通しよく涼しい服装を

・炎天下での激しい運動を避ける

・汗で失われた塩分と水分を補給する

・寝不足など体調不良のときは運動を避ける

・車中に赤ちゃんを置き去りにしない!

・ベビーカーは地面からの照り返しで暑い

お気軽にお問い合わせください。0538-23-8300電話受付時間 :9:00-18:00(月・水・木・金) 9:00~12:00(火・土)

診療予約