赤ちゃんにとって自然なことですほとんどの赤ちゃんは、生後2、3ケ月になると、自分で手を口にもっていき指しゃぶりをするようになります。とくに眠いときや、お腹が空いているときによくみられます。

3歳ごろまでは気にしないでください。いろいろなことに興味をもつようになると、指をしゃぶるのをいつの間にか忘れてしまいます。

ちょっと不安なとき、寂しいとき、また、夜眠るときに指しゃぶりをすることがありますが、無理にやめさせようとしたり、叱ったりしないでください。

歯並びやかみ合わせなど、歯への影響は心配しなくてもよいでしょう。

4歳を過ぎたら、そろそろやめさせたいですね
このころになると、歯並びやかみ合わせに影響が出てきます。

保育所や幼稚園で友達とうまく遊べないとか、家庭内で叱られることが多いなどが指しゃぶりの原因になっているかもしれません。

十分な愛情やふれあいを通じて、心配ごとや不安を解消してあげることが大切です。

お気軽にお問い合わせください。0538-23-8300電話受付時間 :9:00-18:00(月・水・木・金) 9:00~12:00(火・土)

診療予約