子ともはよく膝や足が痛いと訴えます。痛みの様子は様々ですが、夜になると足を痛がることが多いようです。医師の診察を受けても、とくに病気ではないと判断されたときに、いわゆる「成長痛」といわれます。

成長痛という名前は、成長期の痛み、という理由でつけられたのでしょうが、骨の成長とは関係ありません。

<痛みの原因>

育ち盛りの子どもは筋肉や骨、関節も未完成でやわらかくできていますが、そのわりに活発に動きます。動きが激しいと疲れがたまって、痛みの原因となるようです。

<治療>

あたためたり、湿布をしたり、お風呂でマッサージをするのもよいでしょう。あまり痛いときは、薬を使うこともあります。

痛みが繰り返すときは医師に相談してください。隠れた病気が見つかることもあるからです。血液検査やレントゲン検査が必要な場合もあります。


電話受付時間 :9:00-12:00(月~土)・14:30~18:00(月・水~金)