生後1~2カ月頃、熱の咳もないのに鼻を詰まらせたり、寝苦しそうにすることがあります。赤ちゃんの鼻の穴は小さく、鼻の粘膜が敏感なので、ちょっとした気温の変化の刺激で鼻水が出ます。また、暖房で部屋が乾燥すると鼻水が粘っこくなったり、鼻を詰まらせたりしてしまいます。

赤ちゃんは口で呼吸することが苦手なので、鼻が詰まるとお乳が飲みにくくなり、機嫌が悪くなります。

鼻詰まりを治すためのヒント

①暖房で部屋が乾燥しないように、加湿します。

②鼻水をスポイトで吸い取ったり、綿棒で鼻を掃除します。ただし、鼻水を吸い取るだけで鼻詰まりが治るとは限らないので、鼻の中を傷つけないように、ほどほどにしておきましょう。

③お風呂の湯気は鼻の粘膜を湿らせてくれます。お風呂で温まると鼻の粘膜の腫れもひくでしょう。蒸しタオルなどをあててあげてもいいかもしれません。

こんな時はもう一度診察を

・水鼻がたくさん出るようになった。

・ミルクの量が普段の半分くらいに減った。

・咳が出てきた、ゼイゼイしている

お気軽にお問い合わせください。0538-23-8300電話受付時間 :9:00-18:00(月・水・木・金) 9:00~12:00(火・土)

診療予約