生まれてから数日から数週の赤ちゃんの目が涙目になったり、目やにが続くことがあります。これは涙が鼻に流れ出すための排水管(鼻涙管)の通りが悪いからです。

半数以上が、生後2か月後くらいで、残りの半数が1歳までには鼻涙管の通りがよくなって自然に治ります。

~家庭でできること~

①涙をふく

涙目だけで目やにが無いときは、何もする必要はありません。こぼれた涙をふき取ってあげるだけでいいでしょう。

②目薬をつける

黄色い目やにが多いときや、目頭が赤く腫れてきたときは、処方された抗菌薬目薬をつけましょう。

③目頭マッサージ

涙の通りをよくしたり、目薬が効きやすくなるように、目薬をつけた後に、目頭から下に向けて数回マッサージしてみましょう。

眼科では?

細い針のようなものを鼻涙管に入れて、涙の通りをよくしようとすることもあります。しかし、90%以上が1歳までに治るので、気長に待つことをおすすめします。


電話受付時間 :9:00-12:00(月~土)・14:30~18:00(月・水~金)