連れてくる人

お子さんの様子を一番よく知っている人が連れてきてください。
誰かに頼むときは経過を書いたメモを渡すなどして、できるだけ多くの情報を主治医にください。
情報が少なかったり、あいまいだと診断に苦労します。

 

持ってくるもの

●手帳、保険証、診察券、受給者証、特に母子手帳は大切な情報源です。

●熱のある子はメモか熱の経過表を忘れずに持っていきましょう。

●便がおかしいときはその便を見せてください。難しい場合は写真でも構いません。

●他の病院でもらった薬の名前を書いてあるお薬手帳があれば持ってきてください。

●哺乳瓶やお気に入りのおもちゃがあると安心ですね。

 

待合室で

●診察前に食べ物や飲み物を与えないでください。お口の中がよく見えません。

●おしっこがしたくなったら看護師さんに教えてください。調べる必要があるときもあります。

●吐いた、おなかが痛い、ゼイゼイと苦しい、ぐったりしている、などの時は申し出てください。順番を早めて診察する必要があるかもしれません。

 

診察室で教えてほしいこと

●一番気になる症状は何ですか?

●症状はいつからですか?

●気になる症状は何ですか?

●発疹の様子をスマートフォンなどに録音、録画していただくと良いでしょう。

 

今までにした大きな病気、薬のアレルギー、家族に同じような症状がなかったか、なども教えてください。


電話受付時間 :9:00-12:00(月~土)・14:30~18:00(月・水~金)