<熱があるとき>

基本的に入って構いませんが、熱いお湯につかると体力を消耗します。
熱でつらそうなときは、お風呂はひかえましょう。

汗や皮膚の汚れを流して体をきれいに保つことは大切です。シャワーで流してあげるのも良いでしょう。

<咳や鼻水が出ているとき>

咳や鼻水が出ていても、お風呂に入ってよいです。

<お風呂と新陳代謝>

咳や鼻水などを理由に何日もお風呂に入らないのは、アカがたまり皮膚の呼吸によくありません。お風呂は、陳代謝を刺激し、寝つきをよくするなどの効果がありますから、なるべく入れてあげましょう。

お気軽にお問い合わせください。0538-23-8300電話受付時間 :9:00-18:00(月・水・木・金) 9:00~12:00(火・土)

診療予約