<熱の経過を記録しましょう>

いつ何度ぐらいあったか?どのくらい続いているのか?は大切な情報です。メモしておいて、ご家庭での様子とあわせて医師に教えてください。とはいえ、多くても1日4回程度測るだけで十分です。

<熱を測るとき>

わきの下で測ります。肛門で測る場合は、わきの下より0.5~1.0℃ほど高くなります。いつも同じところで測るようにしましょう。

予測値は数十秒~数分で測ることができます。

体温計によっては、最初のブザーが鳴った後、そのまま測り続けるとおよそ10分で実測値になります。

<健康な子どもの体温>

●体温は1日中同じ温度ではありません。朝は低めで、夕方は高めです。

●運動のあとや食事をしたあとは、体温が高くなります。

●赤ちゃんは厚着や暖房などの影響で、高く測れてしまうことがあります。おかしいなと思ったら、しばらくしてもう一度測ってみましょう。

<熱がある?平熱?>

●平熱がどのくらいかを知っておきましょう。元気なときに1日4回(朝、昼、夕方、寝る前)、食事前の安静な状態での体温を測ります。

平熱より1℃以上高ければ、熱があると考えてよいでしょう

正常体温(わきの下)

乳児 36.3~37.4℃

幼児 36.5~37.4℃

学童 36.5~37.3℃

お気軽にお問い合わせください。0538-23-8300電話受付時間 :9:00-18:00(月・水・木・金) 9:00~12:00(火・土)

診療予約