すり傷や虫さされ、あせも、湿疹などに化膿菌が入り込んで水ぶくれができます。これをかきこわした手でほかの場所を書くとそこにまた水ぶくれが「とびひ」します。

夏に多い病気です。

<治療>

・飲み薬:抗菌薬を飲んで、体の中から化膿菌をやっつけます。指示されたとおりに、最後まで飲んでください。

・塗り薬:抗菌薬の入った軟膏をぬります。毎日2~3回ぬりなおしてください。

<家庭で気をつけること>

・お風呂:シャワーで石けんを使って体のよごれを洗い流し、そのあと軟膏をぬってください。

・手を洗う:爪は短く切り、毎日何度も石けんで手を洗いましょう。

・プール:とびひが乾いてかたまるまでは入らないようにしましょう。

<こんなときはもう一度診察を>

・熱が出たとき

・2日以上たっても水ぶくれがふえるとき

・顔や体が赤く腫れてきたとき

<保育所・学校>

出席停止となる病気ではありません。ただし、とびひの程度にもよっては、1~2日休んでもらうこともあります。

お気軽にお問い合わせください。0538-23-8300電話受付時間 :9:00-18:00(月・水・木・金) 9:00~12:00(火・土)

診療予約