目が内側によっているのを内斜視、外側に向いているのを外斜視といいます。

当院では、弱視や斜視を早期発見するために1歳になったお子さんに視力検査をおすすめし、希望に応じて行っています。

一時的に斜視になる場合でも、遠視が原因だったり、手術がのちのち必要になる場合もあるので、斜視専用の眼科医にくわしく診てもらう必要があります。

<偽内斜視>

赤ちゃんは、本当は内斜視でないのに、一見、内斜視(寄り目)にみえることがあります。
これは、目と目の間(鼻の根もと)がまだ盛り上がってないために、皮膚が両目の内側を隠してしまうからです。成長するにつれて目の間の皮膚が鼻の方へひっぱられていくので、寄り目に見えなくなってきます。

<間欠性外斜視>

両目でしっかり見ているときもあるのに、ときどき(疲れたときや眠たいときなど)に片目の視線が外にはずれる(視線があわなくなる)ことがあります。

急いで手術することはありませんが、専門医のもとで定期的に診察を受けることが大切です。


電話受付時間 :9:00-12:00(月~土)・14:30~18:00(月・水~金)