鼓膜の奥の中耳に細菌が入り炎症が起こる病気です。かぜが原因でおこることが多く、なかなか熱が下がらない、不機嫌でよく泣く、耳を痛がる、しきりに耳に手をやる、などのときは中耳炎を疑います。

<耳だれ>

中耳炎が進むと鼓膜が破れて耳だれが出ます。すると痛みはなくなりますが、これで中耳炎が治ったわけではないので、必ず治療を受けてください。

<治療で気をつけること>

抗菌薬を飲む、耳の中を消毒する、ときには鼓膜を切ってうみを出す、などの治療をします。
中耳炎の治療で大事なことは、薬を勝手にやめないことです。完全に治さないと、再発したり、滲出性中耳炎をおこしたりします。

<保育所・学校>

痛みも熱もなくなれば行っていいでしょう。中耳炎はうつる病気ではありません。プールは主治医の許可を得てから。

滲出性中耳炎

鼓膜の奥にしみだした液がたまりっぱなしになる病気です。放っておくと難聴になることがあります。

<症状>

熱や痛みはありません。耳の中のつまった感じや、聞こえが悪い、などで気づきます。

<治療>

治療は何週間も、ときには何か月も続きます。途中であきらめずに、完全に治るまで通院しましょう。


電話受付時間 :9:00-12:00(月~土)・14:30~18:00(月・水~金)