子どものおちんちんの先は包皮でおおわれているのが普通です。軽く包皮をむいて鬼頭がみえるようなら何の問題はありません。亀頭が全くみえないものを真正包茎といいます。

治療の必要は?

乳児の真正包茎は正常です。なにもしなくても年齢とともにだんだん亀頭がみえるようになってきます。無理にむくことはやめましょう。

中学生になっても真正包茎のままのときは主治医の相談してください。

<こんなときは診察を>

真正包茎で、包皮口が極端に狭くピンホール状になっていて・・・・・

・おしっこの線が細い。

・おしっこがあちこちに飛び散る。

・亀頭と包茎の間におしっこがたまって風船状にふくらむ。

・亀頭と包皮の間にいつもおしっこがたまっているため下着が尿でぬれる。

こんなときは、主治医に相談してください。治療を要することもあります。

<ただちに病院へ>

包皮を無理なくむくと包皮口から亀頭が外に出てしまって戻らなくなることがあります。おちんちんの先のほうが赤く腫れ上がってとても痛がります。
嵌頬包茎といって早急な治療が必要です。


電話受付時間 :9:00-12:00(月~土)・14:30~18:00(月・水~金)