首の周りやわきの下、股の付け根、頭の後ろなどにぐりぐり触れるものがあります。お風呂などでたまたま触って気付くことが多いようです。触ったり押したりしても痛みはありません。

表面はつるっとしていて、よく動きます。一つだけのこともありますが、いくつか触れることもあります。これは何だろうと心配になりますが、これはリンパ節です

<リンパ節って?>

リンパ節は身体のいたるところにあり、病原体や異物が体内に入ることを防いでいます。

血管や臓器のわきに広く分布していますが、身体の表面の近いところにあるものはあ、皮膚を通して触ることができます。

<放っておいてよいですか?>

気づいた時の大きさを覚えておいてください。2~3週間たっても大きさに変化が見られなければ、心配なものではありません。

<こんなときには受診を>

リンパ節がどんどん大きくなる、首の後ろだけでなく、いろいろな場所のリンパが腫れてくる、などがあれば医師に相談しましょう。
血液検査やエコー検査などを行うことがあります。

<体を守るために腫れることがある>

腫れている場所の近くに傷がある、湿疹がある、あせもがある、おできがあるなどの場合は、外からの病原体や異物を防ぐためにリンパ節が腫れているのです。
傷やおできが治れば、リンパ節も徐々に小さくなっていきます。


電話受付時間 :9:00-12:00(月~土)・14:30~18:00(月・水~金)